外国企業が日本進出する際に検討すべきこと | 外国会社の日本法人・支店 設立、運営サポート

トップページ>外国企業が日本進出する際に検討すべきこと

外国企業が日本進出する際に検討すべきこと

外国企業が日本進出を考えるときに、はじめに検討しておくこととして以下のようなことがあります。

日本進出にあたっての検討事項の例

  • 市場リサーチ(日本市場の情報収集およびマーケティング等。)
  • 営業ライセンスの必要性(日本で事業を行うにあたっての営業ライセンスは必要性、ライセンスを取得・維持の難易度などについて確認する。)
  • 進出形態の決定 (子会社、支店、駐在員事務所から形態を選択し必要な手続きを行う。)
  • オフィス(事務所の場所を決め、不動産を借りる。)
  • 住居確保(一時的な滞在場所の確保→長期滞在する日本での住居の確保)
  • 日本に滞在する担当者の選任及びビザ取得 (日本に滞在する担当者を決めるとともに家族のビザの取得、再入国の手続きなどをスムーズに行う。)
  • 進出後の税務、社会保険、営業ライセンス(許認可取得)、法務手続き等への対応
  • 日本人の人材の確保
  • 撤退するときはどのような手続きが必要か

上記のような検討事項を一つ一つクリアして、日本進出を具体化させていくことになります。

私たちがお手伝いできる事

外国会社の日本法人・支店 設立、運営サポートでは、上記の中で主に、子会社・支店等の設立手続き、営業ライセンスの必要性についての確認・取得代行、日本に滞在する方のビザの手続き、進出後の税務・社会保険・その他会社法関連手続き等に関するサポートを行っております。

Contact usご相談、業務のご依頼

お電話、お問い合わせフォームにてお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ03-6680-0097 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町一丁目5番地 翔和須田町ビル6階
電話番号 03-6680-0097

Copyright(c)行政書士法人A.I.ファースト.All rights reserved
外国会社の日本法人・支店 設立、運営サポート メールでのお問い合わせはこちら