外国企業の日本拠点 設置手続きの流れ | 外国会社の日本法人・支店 設立、運営サポート

トップページ>外国企業の日本拠点 設置手続きの流れ

外国企業の日本拠点 設置手続きの流れ

外国会社が日本に拠点を設置して、日本に進出する場合、 例えば、

  • 1.本国の本社に在籍する外国人を日本の子会社や支店の代表として日本に派遣
  • 2.日本での拠点(支店、子会社)を設置と同時に日本の拠点の代表者についてのビザ取得

を行う場合は以下のような流れになります。

拠点設置と同時に、本国から人を派遣する場合は、日本に滞在するためのビザの申請も一連の手続きとして行うのが一般的です。

拠点(支店、日本法人)の設立から外国人責任者のビザ取得・日本入国手続きまでの流れ

「短期滞在」で日本へ入国※査証免除がある国・ない国で手続きが変わります。
日本での拠点設立(日本法人・日本支店) のための調査・準備
日本の拠点(日本法人・日本支店) 設立・設置手続き <公証役場、法務局等>
在留資格認定証明書交付申請(投資経営、企業内転勤等)  <入国管理局へ申請>
いったん本国へ戻る。
在留資格認定証明書交付
就労ビザ申請 <在外日本公館>
ビザ交付 <在外日本公館>
就労ビザで日本入国、上陸許可を受ける。
外国人登録、再入国許可を申請・取得

※上記の作業フローは一つの例です。日本に協力者がいる場合、その他個別具体的な条件によって手続きの方法は変わります。

手続に要する時間の目安は以下のとおりです。主に海外との書類のやりとりに時間がかかります。

  • 日本法人・支店 設立→1カ月〜2カ月
  • 外国人の方の在留資格取得→2カ月程度

※日本での拠点設置手続きとビザ申請は、関連性はありますが、別々の手続きとして進められ、審査も別々に行われます。そのため、拠点設置はできたが、日本に滞在する方のビザの取得ができないといったケースも生じる可能性がありますので、拠点設置とビザ取得の両方が実現されるように慎重に手続きを進めることが重要です。

日本でのビジネス開始に必要な手続きをサポート致します。

外国会社の日本法人・支店 設立、運営サポートでは、外国法人が拠点を立ち上げビジネスをスタートするにあたって必要な法的手続き(法人・支店設立手続き、就労ビザ、経営者ビザ取得等)及びビジネススタート後の会社法・会計・社会保険に関する手続き等をそれぞれの分野の専門家と連携し、ワンストップでサポート致します。

それぞれの会社にあわせたサービスをご提供致します。お気軽にご相談ください。

Contact usご相談、業務のご依頼

お電話、お問い合わせフォームにてお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ03-6680-0097 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町一丁目5番地 翔和須田町ビル6階
電話番号 03-6680-0097

Copyright(c)行政書士法人A.I.ファースト.All rights reserved
外国会社の日本法人・支店 設立、運営サポート メールでのお問い合わせはこちら